VLOOKUP

VLOOKUP(ブイルックアップ)は、指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。行で特定の値を検索する場合は「HLOOKUP」を使います。
・関数VLOOKUP
・書式=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)
・内容指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。
使い方
 =VLOOKUP(F1,B3:E14,2,0)


サンプル
  A B C D E F
1            
2   日時 担当 内線 受付  
3   8月10日 鈴木 1234 9:00~18:00  
4   8月11日 佐藤 5678 10:00~19:00  
5   8月12日 佐藤 5678 10:00~19:00  
6   8月13日 鈴木 1234 9:00~18:00  
7   8月14日 鈴木 1234 9:00~18:00  
8   8月15日 鈴木 1234 9:00~18:00  
9   8月16日 鈴木 1234 9:00~18:00  
10   8月17日 鈴木 1234 9:00~18:00  
11   8月18日 佐藤 5678 10:00~19:00  
12   8月19日 佐藤 5678 10:00~19:00  
13   8月20日 鈴木 1234 9:00~18:00  
14   8月21日 鈴木 1234 9:00~18:00  
15            
=VLOOKUP(F1,B3:E14,2,0)

一覧から日付を指定して右側のデータを呼び出します
例1)=VLOOKUP(F1,B3:E14,2,0)
例2)=VLOOKUP(F1,B:E,2,0)
データが多い場合列を指定した方が良い
古いエクセルだと範囲の最初の列を小さい順に並び変えておく必要がありました。そのため列タイトルがあるとひっかかるため「B3:E14」のように正確に範囲を指定する必要がありました。
・担当者を呼び出す(検索値範囲から検索して指定した列の値を返します)
  =VLOOKUP(F1,B:E,2,0)

・内線を呼び出す(F1B列を検索して3列目の値 B C Dを返します)
  =VLOOKUP(F1,B:E,3,0)

・受付を呼び出す
  =VLOOKUP(F1,B:E,4,0)

※注意:検索値が複数ある場合
検索の型0の場合:
範囲内を上から検索して合致した値を見つけるとそれ以上探しませんので最初に見つけた値が呼び出されます。一致したセルが無い場合は「#N/A」エラーになります
検索の型1の場合:
範囲内のすべて検索して同じ検索値があると上書きされ最後の値が呼び出され、無いと近似値(小さい値)が選ばれます。近似値(小さい値)が無い場合は「#N/A」エラーになります

「#N/A」エラーを表示したくない場合、または指定の文字を出す場合
IFERROR(テストする値,エラーの時の値)関数を使います
  =IFERROR(VLOOKUP(F1,B:E,4,0), "")

旧エクセルの場合IFERRORが使えないのでISERRORを使います
  =IF(ISERROR(VLOOKUP(F1,B:E,4,0)), "",VLOOKUP(F1,B:E,4,0)))

エラーの時の値はダブルクォーテーションで囲う必要があります
空白の場合:「""
文字入力:「"検索値が見つかりません"


以下を追加したのでご覧ください
条件に一致したデータを呼び出す
VLOOKUP()関数でのエラーや完全一致が複数ある場合の対応


ここからは私感ですが
この関数非常に便利でかなり古いエクセルでも使えます
ですがあまり変わってません
範囲の先頭列を小さい順に並び変える必要が無くなっただけです

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)

範囲は必要でしょうか?
検索値と列指定にしてくれれば列番号に(-)マイナスが使えて左側も呼び出せると思うのですが
ついでに一致セルがいくつあるか表示してくれるとありがたいです

理想を言えばVLOOKUPに付加して「IFVLOOKUP」とか作って条件指定させてくれればかなり使えます

理想の関数(存在しません)
=IFVLOOKUP(検索値,検索列番号,列番号,エラー時の値)
(VLOOKUPは見つからないエラーが多いので"エラーの時の値"がほしい)
(範囲を列指定にして左側を(-)マイナスで呼び出したい)
こんな関数があったら便利ですよね?

VALUETOP
(C) 2001-2018 Digital World