VALUE(バリュー) エクセル関数の使い方

VALUE(バリュー)は、日時や時刻として認識され表示されているセルをシリアル値に変換します。 また、計算式で取得した文字列扱いの数値や、全角数値で入力されている文字を数値に変換します。 文字列は「#VALUE!」エラーになります

・関数VALUE(バリュー)
・書式=VALUE(文字列)
・内容日付、時刻、番号の書式の文字列を数値に変換します
サンプル
  A B C D E F G
1              
2     出勤 外出 再入 退勤 就業
3   1月20日 8:45     19:45  
4   1月21日 8:48 13:00 15:00 19:32  
5   1月22日         休日
6   1月23日 8:43     14:30 早退
7   1月24日 8:42     21:03  
通常はエクセルが自動で判断しますから変換は不要なのですが、文字列操作などでエラーになる場合試すとよいでしょう
・=VALUE(100000) 結果 100000
・=VALUE("100000") 結果 100000
・=VALUE(100,000) 引数が多いので実行できません
・=VALUE("100,000") 結果 100000
・=VALUE("100,000円") 結果 #VALUE!
日数を数値化する場合(1900年1月1日から1日1増えます)
・=VALUE("1900年1月1日") 結果 1
・=VALUE("1901年1月1日") 結果 367
・=VALUE("2021年1月20日") 結果 44216
オリンピックまでの日数を出してみます
・=VALUE("2021年7月23日")-VALUE("2021年1月20日") 結果 184

時間を数値化する場合(1未満の小数で0:00に1で次の日になります)
・=VALUE("0:00") 結果 1
・=VALUE("12:00") 結果 0.5
・=VALUE("17:00") 結果 0.708333333
・=VALUE("20:00") 結果 0.833333333
計算で出す方法(時間を小数化する方法)
3:00の場合 =1/24*3 =0.125
5:00の場合 =1/24*5 =0.208333333
7:32の場合 =1/24*(420+32)/60 =0.313888889

日時に対するVALUE()関数は1日を1として
1以下の小数点以下を時間で表しています


時間の計算は60進数なのでややこしくなります
1を24で割ることで時間に対する少数が出せます

例 3:00の場合)=1/24*3 1を24分割して3で掛けます
分がやっかいで1時間は60分です30分は半分なので0.5時間となります

時間に対しては1を24で割りましたが
分に対しては1を(24*60)で割る必要があります

1を(24*60)で割って分表示の時間で割ります
例 6:25の場合)=(1/(24*60))*((6*60)+25)

以上 VALUE(バリュー)関数の使い方でした

SUMIFTOPVLOOKUP
(C) 2001-2021 Digital World