相違点:「SUM」と「SUMIF」の違い

・関数SUM(サム)
・書式=SUM(数値1, 数値2, ...)
・内容指定したセル範囲に含まれる数値をすべて合計します。
・関数SUMIF(サムイフ)
・書式=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
・内容一覧表の中から指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。
=SUM(数値1, 数値2, ...)は指定したセルや範囲の数値を合計します
セルの選択方法は
=SUM(C7,D7,E7,F7)と直接セルを指定する方法と
=SUM(C7:F7)「:」コロンを使ってC7~F7と範囲指定する方法があります
両方混在しても計算されます
=SUM(C7:F7,C9:F9,C11,F11)
C7~F7 + C9~F9 + C11 + F11となります

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)はSUM と IF をあわせたような関数で、
SUM は範囲を指定して合計する関数ですが、 SUMIFは範囲を指定して、条件を指定することで条件に合ったものだけを合計します。

サンプル
  A B C D E F
1            
2   日時 分類 内容 金額  
3   8月10日 支出 通信費 10,800  
4   8月13日 支出 外食 3,150  
5   8月15日 支出 通信費 6,755  
6   8月15日 支出 外食 4,000  
7   8月20日 支出 定期代 5,500  
8   8月20日 支出 外食 2,100  
9   8月22日 支出 外食 2,100  
10   8月25日 収入 給与 354,570  
11   8月27日 支出 家賃 120,000  
12   8月28日 支出 外食 4,200  
13   8月28日 支出 電気代 12,545  
14   8月28日 支出 外食 2,100  
15            

上記の表から「支出」だけを合計する場合
SUM関数だと
=SUM(E3:E9,E11:E14) 結果は 173,250
E3~E9とE11~E14を合計します
これは非効率です

SUMIF関数は
=SUMIF(C3:E14,"支出",E3:E14)
範囲をC3~E14指定していますから
範囲のC列C3~C14の中から支出と一致したセルをE3~E14から合計します

同じように外食の合計を出す場合
=SUM(E4,E6,E8,E9,E12,E14) 結果は 17,650
SUMの()括弧の中でctlr押しながらクリックしていけばいいだけですがもっと行があったら面倒です
SUMIFならば
=SUMIF(D3:E14,"外食",E3:E14) 結果は 17,650
これなら何行でも簡単に合計してくれます

※注意点(結果が0になる、足されてない行がある場合)
検索条件を文字で入力する場合、外食⇒"外食"のように「"」ではさむ必要があります
"外食"としないとエラーにはなりません、結果が「0」になります
また検索条件は完全一致するセルが対象なので
一覧の外食や検索条件の"外食"に、「外食 」や"外 食"など
どちらかにスペースがあると完全一致ではないので
その行は結果が「0」になり、「0」が足されます

対応策
「分類」や「内容」は間違えないようにリストから選択するように
「分類」と「内容」をリスト化すると間違えがなくなります
リストの作り方は
プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作り方
をご覧ください

以上 「SUM」と「SUMIF」の違いでした


TOP「NOW」と「TODAY」の違い
(C) 2001-2018 Digital World