相違点:「NOW」と「TODAY」の違い - エクセル関数の使い方

指定したセル範囲に含まれる数値をすべて合計する「NOW(ナウ)」関数と「TODAY(トゥデイ)」関数の違いは
「NOW」は日付と時刻を取得し「TODAY」は日付を取得します

・関数NOW(ナウ)
・書式=NOW()
・内容日付と時刻に対応するシリアル値を返します。
・関数TODAY(トゥデイ)
・書式=TODAY()
・内容現在の日付を取得します
日時を取得するだけならNOW()もTODAY()も同じです
セルの書式設定でセルを「日付」とした場合
=NOW()  2020/11/1
=TODAY() 2020/11/1
同じ結果になります

セルの書式設定でセルを「時刻」とした場合
=NOW()  4:01:01
=TODAY() 0:00:00
NOWは現在の時間を表示しますがTODAYは「0:00:00」となります

NOWは時刻まで取得しますがTODAYは「0:00:00」です
取得方法でいうとNOWは小数点以下まで取得しますがTODAYは小数点以下は切り捨てられます

違いを確認するとすれば
セルの書式設定を「数値」として小数点以下を表示すれば
=NOW()  44136.167372685
=TODAY() 44136
※このページの数値はエクセルと結果が同じになるようにしています
 上記の数字をエクセルに貼り付けるとTODAYと同じ結果になります

エクセルでは日数で1900/1/1を1として日数分増えていき
小数点以下は24時間を割った数値になります
0.25⇒6:00 0.5⇒12:00 0.75⇒18:00

以上 「NOW」と「TODAY」の違いでした
「NOW」と「TODAY」が関係するかはわかりませんが、エクセルには謎のコードが存在します。何となく日時が関係してる気がするのでご覧ください
謎のコード「jan:」「178956970.625」

TOP相違点:「ISERROR」と「IFERROR」の違い
(C) 2001-2020 Digital World