MONTH(マンス) エクセル関数の使い方

MONTH(マンス)は、月をシリアル値で返します。
戻り値は1 (月) ~ 12 (月) の範囲の整数となります。
月に月を加算する場合はDATE()形式にすることで13月などは1月になります。

・関数MONTH(マンス)
・書式=MONTH(シリアル値)
・内容日付に対応する月を返します。
戻り値は、1 (月) ~ 12 (月) の範囲の整数となります
使い方
Excel では、日付を計算するために、日付が一連のシリアル値として処理されます。
MONTH関数は指定された日付やTODAY()などの数値から月だけを表示します。
「年」や「日」など日本語を追記する場合「&」で結合します
例)=MONTH(TODAY())&"月"
  結果は12月
例)=YEAR(TODAY())&"年"&MONTH(TODAY())&"月"&DAY(TODAY())&"日"
  結果は 2021年12月7日
例)

  結果は 令和3年12月7日(火曜日)

サンプル
  A B C D E F
1        
2   日付 曜日
3   12月7日 2021 12 7 (火曜日)
4   12月8日 2021 12 8 (水曜日)
5   12月9日 2021 12 9 (木曜日)
6   12月10日 2021 12 10 (金曜日)
7   12月11日 2021 12 11 (土曜日)
=D3セルの数式はMONTH(B3)で指定した月を出します


注意点(13月14月など12月を超える場合)
月に月を加算する場合は
5月から8か月後は1月ですが
5+8=13月 になってしまいます

5月の中身は
=MONTH(DATE(2019,5,12)) 結果:5
=DATE(2019,5,12) 結果:2019/5/12

この5に8を足さなければ正しい結果が出ません
=MONTH(DATE(2019,5+8,12)) 結果:1
=DATE(2019,5+8,12) 結果:2020/1/12
※5や8はセル指定もできます

DATE()で取得していれば上記の方法で加算されますが
TODAY()やセルの日時を参照してる場合はTODAY()やセルの日時を
DATE()形式にすることで上記の方法が使えます

TODAY()の場合
=DATE(YEAR(TODAY()),MONTH(TODAY()),DAY(TODAY()))
8か月
=DATE(YEAR(TODAY()),MONTH(TODAY())+8,DAY(TODAY()))

セル参照の場合(セルがD4の時
=DATE(YEAR(D4),MONTH(D4),DAY(D4))
8か月
=DATE(YEAR(D4),MONTH(D4)+8,DAY(D4))
8はセル指定もできます


MONTHとは関係なく12を超えたら1にしたい場合

2、3カ月足して13月や14月を回避するならば
=IF(A3>12,A3-12,A3)
12を超えた場合12を引いています
この場合加算する月が24を超えると13以上になってしまいます

いくつでも対応させるにはMOD関数を使います
=MOD(A3-1,12)+1
MODは余りを出す関数なので12で割れば余りが出ますが12の倍数が0になってしまいます
元の数字から1を引いてから12で割り、結果に1を足すことで12の倍数も0にはなりません

以上 MONTH(マンス)関数の使い方でした

YEARTOPDAY
(C) 2001-2021 Digital World