COUNTIF(カウントイフ) エクセル関数の使い方

COUNTIF(カウントイフ)は、指定された範囲内に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。
数値の個数の場合は「COUNT」を使います。
空白以外の数値や文字列セルの個数の場合は「COUNTA」を使います。

・関数COUNTIF(カウント イフ)
・書式=COUNTIF(範囲,検索条件)
・内容指定された範囲に含まれるセルのうち検索条件に一致するセルの個数を返します。
使い方
範囲は C18:D200 のようにセルを範囲指定
検索条件は "休日" のように「"」で囲うかセルを指定します。
 例) =COUNTIF(C1:G30,"休日")

サンプル
  A B C D E F G
1              
2     出勤 外出 再入 退勤 就業
3   4月13日 8:45     19:45  
4   4月14日 8:48 13:00 15:00 19:32  
5   4月15日         休日
6   4月16日 8:43     14:30 早退
7   4月17日 8:42     21:03  
・上記サンプルで休日の日数を数える
 数式 =COUNTIF(G3:G7,"休日") 結果は 1

・上記サンプルで早退した日数を数える
 数式 =COUNTIF(G3:G7,"早退") 結果は 1

エクセル表サンプルの19:00以降の退出日数を数える
 =COUNTIF(F3:F7,">19:00") 結果は 3

個数求める方法はいくつかあります
・COUNT(値1, 値2, ...)
 数値が入力されたセルの個数

・COUNTA(値1, 値2, ...)
 空白以外の数値や文字セルの個数

・COUNTBRANK(値1, 値2, ...)
 空白セルの個数(数式で空白も可)

・COUNTIF(範囲,検索条件)
 条件を指定してマッチしたセルの個数
COUNTA関数とCOUNT関数との違いは
相違点:「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」の違いをご覧ください

COUNTATOPIF
(C) 2001-2021 Digital World