COUNT(カウント)

COUNT(カウント)は、指定した引数リストの各項目に含まれる数値が入力されているセルの個数の合計を返します。 空白以外の数値や文字セルの個数の場合は「COUNTA」を使います。
・関数COUNT
・書式=COUNT(値1, 値2, ...)
・内容引数リストの各項目に含まれる数値の個数の合計を返します。引数は 30 個まで指定できます。
使い方
・カンマ区切り(セルを指定。数値1と数値2をカンマで区切る)
 例) =COUNT(C18,C19,C20,C21)
    上記はC18とC19とC20とC21

・コロン区切り(セルからセル。数値1と数値2をコロンで区切る)
 例) =COUNT(C18:C21)
    上記はC18~C21

・上記を組み合わせたり列を複数選択も可能
 例) =COUNT(C18,C19,D25:D29)
    上記はC18とC19とC20とC21とD25~D29

サンプル
  A B C D E F G
1              
2     出勤 外出 再入 退勤 就業
3   10月21日 8:45     19:45  
4   10月22日 8:48 13:00 15:00 19:32  
5   10月23日         休日
6   10月24日 8:43     14:30 早退
7   10月25日 8:42     21:03  
・上記サンプルで出勤日数を数える
 数式 =COUNT(C3;C7) 結果は 4

・上記サンプルで外出日数を数える
 数式 =COUNT(D3;D7) 結果は 1

個数求める方法はいくつかあります
・COUNT(値1, 値2, ...)
 数値が入力されたセルの個数

・COUNTA(値1, 値2, ...)
 空白以外の数値や文字セルの個数

・COUNTBRANK(値1, 値2, ...)
 空白セルの個数(数式で空白も可)

・COUNTIF(範囲,検索条件)
 条件を指定してマッチしたセルの個数


COUNTA、COUNTIFとの違いは
相違点:「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」の違いをご覧ください


AVERAGEATOPCOUNTA
(C) 2001-2018 Digital World