VLOOKUP()関数の左側を取得したい場合の方法

関数:OFFSET、MATCH、VLOOKUP、VALUE、TODAY
・関数VLOOKUP
・書式=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)
・内容指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。

サンプル
  A B C D E F
1            
2   本日の担当者 5月25日 高橋 6789 10:00~19:00  
3            
4   日時 担当 内線 受付  
5   5月23日 鈴木 1234 9:00~18:00  
6   5月24日 佐藤 5678 10:00~19:00  
7   5月25日 高橋 6789 10:00~19:00  
8   5月26日 鈴木 1234 9:00~18:00  
9   5月27日 鈴木 1234 9:00~18:00  
10   5月28日 高橋 6789 9:00~18:00  
11   5月29日 鈴木 1234 9:00~18:00  
12   5月30日 鈴木 1234 9:00~18:00  
13   5月31日 佐藤 5678 10:00~19:00  
14   6月1日 佐藤 5678 10:00~19:00  
15   6月2日 高橋 6789 9:00~18:00  
16   6月3日 小林 3456 9:00~18:00  
17            
セルB2)
="本日の担当者 "&MONTH(TODAY())&"月"&DAY(TODAY())&"日"

セルC2)担当者を呼び出す
=VLOOKUP(VALUE(TODAY()),B5:E16,2,0)

セルD2)内線番号を呼び出す
=VLOOKUP(VALUE(TODAY()),B5:E16,3,0)

セルE2)受付時間を呼び出す
=VLOOKUP(VALUE(TODAY()),B5:E16,4,0)

ここまでがVLOOKUP()関数の普通の使い方です
それでは内線番号から担当者を呼び出すには?

内線より担当が左側にあります
B3からE14の範囲をD3からE14にして-1してみます

=VLOOKUP(VALUE(TODAY()),D3:E14,-1,0)
もちろんエラー(VALUE!)です
VLOOKUP()関数では列番号が範囲を超えるとエラー(VALUE!)になります

VLOOKUP()関数では左側の取得は無理なんです。あきらめましょう。
左側の取得するにはOFFSET()関数とMATCH()関数を組み合わせます

OFFSET()関数とMATCH()関数を組み合わせる方法
例)内線から担当者を呼び出す場合
=OFFSET(D4,MATCH(C2,C5:C16,0),-1)
D4のセルを基準に担当者をC5からC16を検索して何行目か取得して1列戻しています

詳細
=MATCH(C2,C5:C16,0)
担当者をC5からC16何番目か検索しています

=OFFSET(D4,3,-1)
D4のセルを基準セルとして、3行目、-1列目を取得しています

VLOOKUP()関数では範囲を指定するので範囲内しか呼び出せませんが
OFFSET()関数とMATCH()関数の組み合わせはマイナスで左側も呼び出せます

=VLOOKUP(VALUE(TODAY()),B5:E16,2,0)
=OFFSET(B4,MATCH(VALUE(TODAY()),B5:B16,0),1)
上記は2つとも同じ結果になります

以上 VLOOKUP()関数の左側を取得したい場合でした
以上 VLOOKUP関数応用編でした

VLOOKUPTOP
(C) 2001-2018 Digital World