⦿オプションボタンと☑チェックボックスの使い方

アンケートなどでよく見かける「⦿」オプションボタンや「☑」チェックボックスを使って簡単な集計ができます

「⦿」オプションボタンは選択肢が1つの場合
「☑」チェックボックスは選択肢が複数選択できます



例)「⦿」オプションボタンは選択肢が1つの場合

オプションボタンを挿入します



開発タブから挿入で「⦿」オプションボタンを選択します
※標準では [開発] タブは表示されません

[開発] タブの表示方法
ファイル>オプション>リボンのユーザー設定
メインタブの下の開発チェックボックスをチェックします


コピーして4つ表示させます
右クリックの「テキストの編集」で名前を書き替えます

次に右クリックの「コントロールの書式設定」で



リンクするセルにC3を絶対参照で$C$3と指定します



選択した⦿オプションボタンの数値が表示されます

与えられた数字を文字にするにはIF関数を使います


セルD3の数式
=IF(C3=1,"A型",IF(C3=2,"B型",IF(C3=3,"O型","AB型")))

セルE3の数式
=IF(C3=1,"40%",IF(C3=2,"20%",IF(C3=3,"30%","10%")))

H列に答えを用意してセルで呼び出すこともできます セルD5の数式(D5からF11まで結合しています)
=IF(C3=1,H3,IF(C3=2,H4,IF(C3=3,H5,H6)))



例)選択肢が複数の場合「☑」チェックボックスを使います

チェックボックスを挿入します



開発タブから挿入で「☑」チェックボックスを選択します


選択肢の数だけコピーします
右クリックのテキストの編集で名前を書き替えます

⦿オプションボタンとの大きな違いは
オプションボタンは選択肢が1つなのでリンクするセルは1つでしたが
チェックボックスは1つに1セル必要です

チェックが入っていれば「☑」真の「TRUE」を返し
チェックが入っていなれば「□」偽の「FALSE」を返します



判定にはIF()関数を使います

IF関数とは
=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

セルE4)=IF(D4,"4月29日","")
セルE6)=IF(D6,"5月6日","")
セルE8)=IF(D8,"5月13日","")
セルE10)=IF(D10,"5月20日","")
セルE12)=IF(D12,"5月27日","")

真の場合に日付を表示して偽の場合は空白にしています

参加できる日をまとめます
=IF(D4,"・4月29日","")&IF(D6,"・5月6日","")&IF(D8,"・5月13日","")&IF(D10,"・5月20日","")&IF(D12,"・5月27日","")

全部不可の場合は「参加不可」とします
=IF(AND(D4=FALSE,D6=FALSE,D8=FALSE,D10=FALSE,D12=FALSE),"参加不可","")

上の2つを組み込んでセルB17は
=IF(AND(D4=FALSE,D6=FALSE,D8=FALSE,D10=FALSE,D12=FALSE),"参加不可",IF(D4,"・4月29日","")&IF(D6,"・5月6日","")&IF(D8,"・5月13日","")&IF(D10,"・5月20日","")&IF(D12,"・5月27日",""))



1つでもチェックが入っていれば日付を表示
チェックが1つもない場合は「参加不可」になります

以上 ⦿オプションボタンと☑チェックボックスの使い方でした
番外編
この⦿オプションボタンと☑チェックボックスは大きさが変更できません
どうしても大きさを変えたい場合は
⦿←これのフォントサイズを変えて表示します





セルC3)=IF(B2=1,"⦿","〇")
セルC5)=IF(B2=2,"⦿","〇")
セルC7)=IF(B2=3,"⦿","〇")
セルC9)=IF(B2=4,"⦿","〇")

オプションボタンとして押せるのはB列で
C列は押せませんから表示だけです


謎のコード「jan:」「178956970.625」TOP
(C) 2001-2018 Digital World