ROUND:四捨五入:EXCEL関数

4   ・関数

ROUND

    スポンサードリンク    
5   ・書式 =ROUND(数値,桁数)        
6   ・内容 指定された数値の指定された桁を      
7     四捨五入します。      
8                
9   数値は数字であることが条件で漢字やカナなどの文字列は      
10   使えませんが、全角の数字は数字として認識されます。      
11    例) =ROUND("123456",-2) 結果は 123500      
12   桁数は小数点以下を数えます      
13    例) =ROUND("3.1415926535",3) 結果は 3.142      
14   小数点以上を指定する場合 -(マイナス)で指定します      
15    例) =ROUND("123456789",-3) 結果は 123457000      
16                      
17   サンプル            
18  
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 81.8 80.0 78.5 320.5
  四捨五入、切上、切捨ての関数    
19     ・ROUND() 四捨五入    
20       例)=ROUND(G7,1)    
21     ・ROUNDDOWN() 切捨て    
22       例)=ROUNDDOWN(G7,1)    
23     ・ROUNDUP() 切上げ    
24       例)=ROUNDUP(G7,1)    
25              
26     サンプルのように平均点ならば四捨五入でも    
27    ・上記サンプルの”セル C7”の数式   良いが、消費税の計算では切捨てなので    
28   数式 =ROUND(AVERAGE(C3;C6),1)   ROUNDDOWN()関数を使います    
29    小数点以下の桁数が違うと表の見栄えが悪くなります            
30    小数点以下をそろえることで見やすくできます。            
31                      
32    ・ROUND() と一緒によく使われる関数            
33     AVERAGE 数値の平均値を求めます。(文字列や空白は無視されます)    
34     AVERAGEA 数値の平均値を求めます。(文字列は 0 として空白は無視されます)    
35     VALUE 日付や時刻など数値を表す文字列を数値に変換します。    
36     LARGE セルを範囲指定して1番目、2番目、3番目のように大きな値を抽出します。    
37     SMALL セルを範囲指定して1番目、2番目、3番目のように小さい値を抽出します。    
38                      
39                      
40     表計算や集計でよく使うエクセル関数一覧   日時や文字列操作で使うエクセル関数一覧    
41     AVERAGE IF SMALL   YEAR HOUR NOW    
42     AVERAGEA LARGE SUM   MONTH MINUTE TODAY    
43     COUNT RAND SUMIF   DAY SECOND LEN    
44     COUNTA ROUND VALUE   WEEKDAY TIME MID    
45     COUNTIF ROUNDDOWN VLOOKUP   EOMONTH TIMEVALUE SEARCH    
46       ROUNDUP              
47                      
48      
49      
50      
51      
52      
53                      
54