MONTH:EXCEL関数

A B C D E F G H I J K
1                      
2   これだけは覚えておこう よく使うエクセル関数      
3                      
4   ・関数

MONTH

    スポンサードリンク    
5   ・書式 =MONTH(シリアル値)        
6   ・内容 月をシリアル値で返します。戻り値は      
7     1 (月) ~ 12 (月) の範囲の整数となります。      
8                
9   Excel では、日付を計算するために、日付が一連のシリアル      
10   値として処理されます。      
11          
12   指定された日付やTODAY()などの数値から      
13   月だけを表示します。      
14          
15    例) =MONTH(TODAY())&"月"  結果は1月      
16                      
17   サンプル            
18  
  A B C D E F
1        
2   日付 曜日
3   1月19日 2017 1 19
4   1月20日 2017 1 20
5   1月21日 2017 1 21
6   1月22日 2017 1 22
7   1月23日 2017 1 23
  日付から年だけ、月だけを取り出します。    
19      =YEAR(TODAY()) 今日の年    
20      =MONTH(TODAY()) 今日の月    
21      =DAY(TODAY()) 今日の日    
22          
23     サンプルの数式例    
24      C3 =YEAR(B3)    
25      D3 =MONTH(B3)    
26      E3 =DAY(B3)    
27   =MONTH(B3)で指定した月を出します            
28   9月のように月を表示したい場合は =MONTH(B3)&"月"            
29   =WEEKDAY(B3)は曜日を数値で出します(何も指定しないと月が1)    
30   =CHOOSE関数で順番に取り出します            
31    例)=CHOOSE(WEEKDAY(B3),"日","月","火","水","木","金","土")    
32                      
33                      
34    ・MONTH() と一緒によく使われる関数            
35     YEAR 日付に対応する年を返します。戻り値は、1900 (年) ~ 9999 (年)の整数となります。    
36     MONTH 月をシリアル値で返します。戻り値は 1 (月) ~ 12 (月) の範囲の整数となります。    
37     DAY シリアル値で表される日を返します。戻り値は 1 ~ 31 の範囲の整数となります。    
38     WEEKDAY シリアル値を曜日に変換します。    
39     EOMONTH 開始日から指定された月数だけ前または後の月の最終日に対応する値を返します。    
40                      
41