IF:EXCEL関数

4   ・関数

IF

    スポンサードリンク    
5   ・書式 =IF(論理式,真の場合,偽の場合)        
6   ・内容 IF 関数を使用して値または数式が条件を      
7     満たしているかどうかをテストできます。      
8                
9   IF関数は良く使う便利な関数です      
10    =IF(論理式,真の場合,偽の場合)      
11    論理式に対して真の場合と偽の場合の答えを出します。      
12    例1)=if(1=1,"2","3") 結果は 2      
13    例2)=if(B4=C4,"正解","不正解")      
14   計算したセルがエラーになってしまうのを空白にするには      
15    =if(B4="","","1+2") B4が入力されているときだけ数式を実行      
16                      
17   サンプル            
18  
  A B C D E F G H
1              
2     国語 算数 理科 社会  計  合否
3   鈴木 87 75 70 90 322 合格
4   佐藤 76 69 65 72 282 追試
5   小林 60 88 90 62 300 合格
6   高橋 98 95 95 90 378 合格
7                
  論理式は複数の条件をしてすることができます    
19     ・AND を使った場合    
20      =if(AND(F3>75,F4>75,F5>75),"合格","追試")    
21      すべてが条件を満たしたとき真になります    
22          
23     ・OR を使った場合    
24      =if(OR(F3>75,F4>75,F5>75),"合格","追試")    
25      どれか1つが条件を満たしたとき真になります    
26              
27    ・上記サンプルの”セル H4”の数式   IF関数でエラーになる場合    
28    例1)=IF(G4>300,"合格","追試") G4が300より大きいと合格   ・#VALUE! 数式や関数が間違っています    
29    例2)=IF(G4<=300,"追試","合格") G4が300以下だと追試   ・#NAME? 文字列が""ではさまれていない    
30    上記では空白や未入力時を考慮すると例1の方が良い   ・#REF! 指定セルが無効になっている    
31                      
32    ・IF() 関数と一緒によく使われる関数            
33     COUNT 引数リストの各項目に含まれる数値の個数の合計を返します。    
34     ROUND 指定した桁を四捨五入します。切上は ROUNDUP、切捨ては ROUNDDOWN    
35     VALUE 日付や時刻など数値を表す文字列を数値に変換します。    
36     VLOOKUP 左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。    
37     TODAY 現在の日付に対応する値(日付や時刻の計算に使用されるコード)を返します。    
38                      
39