VLOOKUP

VLOOKUP(ブイルックアップ)は、指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。行で特定の値を検索する場合は「HLOOKUP」を使います。
・関数VLOOKUP
・書式=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)
・内容指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、範囲内の対応するセルの値を返します。
使い方
 =VLOOKUP(B1,B3:E14,2,0)


サンプル
  A B C D E F
1            
2   日時 担当 内線 受付  
3   8月10日 鈴木 1234 9:00~18:00  
4   8月11日 佐藤 5678 10:00~19:00  
5   8月12日 佐藤 5678 10:00~19:00  
6   8月13日 鈴木 1234 9:00~18:00  
7   8月14日 鈴木 1234 9:00~18:00  
8   8月15日 鈴木 1234 9:00~18:00  
9   8月16日 鈴木 1234 9:00~18:00  
10   8月17日 鈴木 1234 9:00~18:00  
11   8月18日 佐藤 5678 10:00~19:00  
12   8月19日 佐藤 5678 10:00~19:00  
13   8月20日 鈴木 1234 9:00~18:00  
14   8月21日 鈴木 1234 9:00~18:00  
15            
=VLOOKUP(B1,B3:E14,2,0)

一覧から日付を指定して右側のデータを呼び出します
例1)=VLOOKUP(B1,B3:E14,2,0)
例2)=VLOOKUP(B1,B:E,2,0)
データが多い場合列を指定した方が良い

B1に日付(8月18日)を入力した場合
・担当を呼び出す
  =VLOOKUP(B1,B:E,2,0)

・内線を呼び出す
  =VLOOKUP(B1,B:E,3,0)

・受付を呼び出す
  =VLOOKUP(B1,B:E,4,0)

※注意
同じ日付が2つ以上あると最初の1つ目が出ます

以下を追加したのでご覧ください
条件に一致したデータを呼び出す
VLOOKUP()関数でのエラーや完全一致が複数ある場合の対応


ここからは私感ですが
この関数非常に便利でかなり古いエクセルでも使えます
ですがまったく変わってません

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)

範囲は必要でしょうか?
検索値と列指定にしてくれれば列番号に(-)マイナスが使えて左側も呼び出せると思うのですが
ついでに一致セルがいくつあるか表示してくれるとありがたいです

理想を言えばVLOOKUPに付加して「IFVLOOKUP」とか作って条件指定させてくれればかなり使えます

理想の関数(存在しません)
=IFVLOOKUP(検索値,検索列番号,列番号,エラー時の値)
(VLOOKUPは見つからないエラーが多いので"エラーの時の値"がほしい)
(範囲を列指定にして左側を(-)マイナスで呼び出したい)
こんな関数があったら便利ですよね?

VALUETOP
(C) 2001-2017 Digital World