SMALL

SMALL(スモール)は、1番大きい2番目3番目と小さい数値を呼び出します
・関数SMALL
・書式=SMALL(範囲,順位)
・内容指定範囲内の中から1番小さい2番目3番目と小さい順に呼び出します
使い方
同じような関数で MIN は1番大きい数値を選びますが
SMALL は1番小さい2番目3番目と小さい順に指定して呼び出します
 例1)=SMALL(C3:C6,1) C3からC6で1番小さい数値
 例2)=SMALL(C3:C6,2) C3からC6で2番目に小さい数値

SMALL 関数は順番に数値を呼び出すだけでその値がいくつあるかはわかりません
1番目に小さい数値が2つある場合に、その個数を出す場合は COUNTIF 関数を使います
例)=COUNTIF(E3:E7,SMALL(E3:E7,1))

サンプル
  A B C D E F G
1            
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   最低点 60 69 65 62 282
・上記サンプルの”セル C7”の数式
 例1)=SMALL(C3:C6,1) C3~C6で1番小さい数値

指定範囲に文字列など数値以外がある場合エラーではなく無視されます

ROUNDUPTOPSUM
(C) 2001-2017 Digital World