ROUNDDOWN

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)は、数値を指定された桁数で切り捨てます。
使い方はTRUNC()関数と同じですが(TRUNCは桁数が0の時省略できます)
四捨五入はROUND切上げはROUNDUPと覚えやすいのでROUNDDOWNの説明です
・関数ROUNDDOWN
・書式=ROUNDDOWN(数値,桁数)
・内容数値を指定された桁数で切り捨てます
使い方
数値は数字であることが条件で漢字やカナなどの文字列は使えませんが、全角の数字は数字として認識されます。
 例)=ROUNDDOWN("123456",-2) 結果は 123400

桁数は小数点以下を数えます
 例)=ROUNDDOWN("3.1415926535",3) 結果は 3.141

小数点以上を指定する場合 -(マイナス)で指定します
 例)=ROUNDDOWN("123456789",-3) 結果は 123456000

サンプル
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.2 81.7 80.0 78.5 320.5
・上記サンプルの”セル C7”の数式
 平均値の数式「AVERAGE(C3:C6)」を小数点以下1桁目で切り捨てます
 数式 =ROUNDDOWN(AVERAGE(C3:C6),1)

 小数点以下の桁数が違うと表の見栄えが悪くなります
 小数点以下をそろえることで見やすくできます。

ROUNDTOPROUNDUP
(C) 2001-2017 Digital World