IF

IF(イフ)は、指定された条件が 真のとき TRUE (真) を返し、偽のとき FALSE (偽) を返します。
・関数IF
・書式=IF(論理式,真の場合,偽の場合)
・内容IF 関数を使用して値または数式が条件を満たしているかどうかをテストできます。
使い方
IF関数は良く使う便利な関数です
論理式に対して真の場合と偽の場合の答えを出します。
例1)=if(1=1,"2","3") 結果は 2
例2)=if(B4=C4,"正解","不正解")
計算したセルがエラーになってしまうのを空白にするには
=if(B4="","","1+2") B4が入力されているときだけ数式を実行

複数条件指定「AND」と「OR」
「AND」は全てが条件を満たしているとき「真」 例3)=if((AND(B4=C4,B5=C5,B6=C6)),"正解","不正解")
「OR」はどれか1つでも条件を満たしているとき「真」 例3)=if((OR(B4=C4,B5=C5,B6=C6)),"正解","不正解")

サンプル
  A B C D E F G H
1              
2     国語 算数 理科 社会  計  合否
3   鈴木 86 73 70 90 319 合格
4   佐藤 76 69 65 72 282 追試
5   小林 60 88 90 62 300 合格
6   高橋 98 95 95 90 378 合格
7                
・上記サンプルの”セル H4”の数式
 数式1 =IF(G4>=300,"合格","追試") G4が300以上だと合格
 数式2 =IF(G4<300,"追試","合格") G4が300未満だと追試

・合格に条件を付ける場合(1教科最低点65点)
=IF(AND(C4>=65,D4>=65,E4>=65,F4>=65,G4>=300),"合格","追試")

数式1、数式2のような合計点ではどちらも一緒の結果になりますが
平均点の場合小数点以下が発生する場合があります

例えば平均点が「80」の場合エクセルでは「79.5」も「80」と表示されます

サンプル
  A B C D E F G H
1              
2     国語 算数 理科 社会 平均点 合否
3   鈴木 86 73 70 90 80 追試
4   佐藤 76 69 65 72 71 追試
5   小林 60 88 90 62 75 追試
6   高橋 98 95 95 90 95 合格
7                
上記の式はG列で「=AVERAGE(C3:G3)」と平均点を出しています
ところが鈴木さんは80点なのに追試となっています
これは「=AVERAGE(C3:G3)」の結果が「79.750」で
表示設定で表示を小数点以下無しを設定した場合に起こります

本当の数字は「79.750」なのに四捨五入された数値が表示されるからです
四捨五入の誤差をなくすために参照する数値は必ず「ROUNDDOWN」しましょう
これはテスト結果なので80点に満たないものは追試なので切り捨て関数の「ROUNDDOWN」を使いますが 四捨五入でも良い場合は四捨五入関数の「ROUND」を使用します
ROUND」や「ROUNDDOWN」を使うことで見えない小数点以下がなくなります。

「=AVERAGE(C3:G3)」の結果を「=ROUNDDOWN(AVERAGE(C3:G3),0)」「ROUNDDOWN」で囲み0桁目を切り捨てます

サンプル
  A B C D E F G H
1              
2     国語 算数 理科 社会 平均点 合否
3   鈴木 86 73 70 90 79 追試
4   佐藤 76 69 65 72 70 追試
5   小林 60 88 90 62 75 追試
6   高橋 98 95 95 90 94 合格
7                
G列の結果を「ROUNDDOWN」することで見た目と正しい結果になります

以上 IF関数の基本的な使い方でした

以下も追加したのでご覧ください
IF関数の使用回数の上限

COUNTIFTOPLARGE
(C) 2001-2017 Digital World