AVERAGEA

AVERAGEA(アベレージエー)は、範囲指定された引数の(数学的な)平均値を返します。空白や文字列は「0」として計算されます。
空白や文字列を無視する場合は「AVERAGE」を使います。(「AVERAGE」も未入力は無視されます)
・関数AVERAGEA
・書式=AVERAGEA(数値1, 数値2, ...)
・内容平均を求める数値データを指定します。
空白=0 文字列=0 未入力=無視
※空白と未入力セルの違い
未入力は何も入力されていない状態(空のセル)
空白は数式が入力されている場合(数式の結果が空白)
=if(d4=0,"○","") など結果が空白なら空白です

使い方
・カンマ区切り(セルを指定。数値1と数値2をカンマで区切る)
 例) =AVERAGEA(C18,C19,C20,C21)
    上記はC18とC19とC20とC21

・コロン区切り(セルからセル。数値1と数値2をコロンで区切る)
 例) =AVERAGEA(C18:C21)
    上記はC18~C21

・上記を組み合わせたり列を複数選択も可能
 例) =AVERAGEA(C18,C19,D25:D29)
    上記はC18とC19とC20とC21とD25~D29

サンプル
  A B C D E F G
1              
2     国語 算数 理科 社会  計 
3   鈴木 87 75 70 90 322
4   佐藤 76 69 65 72 282
5   小林 60 88 90 62 300
6   高橋 98 95 95 90 378
7   平均 80.3 81.8 80.0 78.5 320.5
・上記サンプルの”セル C7”の数式と設定
 数式 =AVERAGEA(C3:C6)
 設定 書式>セル>表示形式>小数点以下の桁数>1
 設定で書式を変更しないと小数点以下が多いとき見た目が悪くなります
 小数点以下の桁数を1か2にすると見やすくなります

平均を求めるにはいくつか計算方法があります
・関数を使わずに数式だけで求める
 例)国語の平均 =(C3+C4+C5+C6)/4
    上記はC3~C6を足して4で割っています

・AVERAGEA関数のカンマ区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3,C4,C5,C6)
    上記はC3とC4とC5とC6のAVERAGEA(平均値)

・AVERAGEA関数のコロン区切り
 例)国語の平均 =AVERAGEA(C3:C6)
    上記はC3~C6のAVERAGEA(平均値)

複数のセルの平均を出す方法
・複数の列の平均。(算数と理科の平均)
 例)算数と理科の平均 =AVERAGEA(D3:E6)
    隣り合うセルなので範囲で指定できます

・離れた複数の列の平均。(国語と社会の平均)
 例)国語と社会 =AVERAGEA(C3:C6,F3:F6)
    離れている場合「C3からC6」と「F3からF6」

AVERAGETOPCOUNT